お金ファッション 夏休みプログラミング

アウトプットを意識したプログラミング学習って何をすればいいのか。

読書感想文や課題レポート、プレゼンテーション、記事と様々あるなかでブログ記事に関しては

情報量の蓄積

ターゲットに対して悩みが解決する様に、アプローチする。

ではどうやって学べばいいのか。本、テレビニュース、YOUTUBE、ニュースアプリ、ブログ記事、Instagram、現在は検索するといってもgoogle検索のみで情報を入手する時代ではなくなっている。いかにアンテナを張り巡らせるかというのは、意識しているというレベルではない。SNSを使った情報だったり特定の分野に精通した人が個別発信しているものなのである。

自分が作り上げていく最先端の情報を大きく広げ、学び、個人が発信する時代なのだ。

小学校の授業の時間割のように勉強に関してはマルチタスクで行った方が良い。何かをしながら勉強するというのではなく、学ぶときは1つの事だけれど一週間という期間としては3つ4つの課題に取り組む方が効率が良い。思い出す作業も増え、記憶に定着しやすい。

アウトプットありきの学習として本を読んでみていつもと違う本の読み方に気付いた。それは

  • 全体像を最初に把握して本と向き合う。目次を読むなど
  • 流し読みする。熟読という箇所もあるが、必要な知識を探すために、不要な部分を飛ばす。
  • 話す為に関連する記事をリスト化して、記憶する事により体系的に学べる。

少し意識をかえるだけで、いい事尽くしだ。もちろん情報発信をする訳なので達成感、自己肯定、自己成長に繋がり、ただ本を読むよりも、財産として経験を積むことができる。ただ一人本を読むよりも受けとっていただく人との繋がりも増える。

知らないのは恥ずかしい。しかし私はプログラミングを知らない。なので読み、学ぶのだが人に伝えるというのはあまりにおこがましいと思う。ですが、ここに記しておきたい。

今は自分のパソコンにサーバー環境を取り入れられるxampp(ザンプ)というソフトウェアをインストールするところの学びです。自分で作ったHTMLのタグで表示される、文字の大きさ、強調、表などがある。

例えば”<a>~~~~</a>"といったタグで表現できるといういまだにHTMLの世界だが、加速度的に魅力的な事に気づき早く習得したいと考えている。

タグの例で言うと、

<a> <meta charset="UTF-8">

<hr> <body>

<hd> <title>

<tr> <head>

などでHTML要素を記述して、今は覚えるのみ。

 

今では一般の人は会社だけがアウトプットする場所ではない。SNSでできるのである。

私はブログ記事を書き、またyoutube原稿を書いて、解説するというのもとても面白いのではないかと考える。誰もがこだわりの発表ができる時代。何を公にして、よい情報を提供していけるのか。やってみるのに好奇心以上に必要なものはない。

 

記事を毎日更新するというアウトプットへの拘りと膨大な量の知識の詰め込み。多く知識を蓄えられない時間的な縛りのある仕事をなさっている方は、オーディブルで読むのではなく聴く学びとか、メリハリをつけ、集中して取り入れて記事を書く。最初から正解などは分からないのは、これから始める人はみんなそうだと思う。やって正解失敗は自分がやらないといくら教えられたとしても、自分自身を使った体験を通した学びには敵わない。

時間をいかに有効に使うか。集中して取り組む。それはお金よりも自在で価値のある、自分への有効な投資だ。沢山学びそれを発信する。自分が注目している人は、過去の成功に胡坐をかいている人ではなく、間断なく学び続けている人だから、私も挑戦する人でありたい。

人に会い、本を読み、昼は働き、よく眠り、励まし合い成長していく毎日であるためによい環境に身を置くのは非常に重要だと年齢を重ねて分かりました。

 

 

 

参加者限定特典あり。TECH::CAMPオンライン説明会

広告

-お金ファッション, 夏休みプログラミング

Copyright© むーぶ解説新書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.