お金ファッション 夏休みプログラミング

プログラミングって何?やらなくてもいいの?

2020年から小学校、2021年から中学校の授業で必須科目となります。

プログラミングにはパソコンが理解するための専用の言語が複数あり、言語ごとに得意な分野があり、

PythonはAI,人工知能。日本生まれの Rubyは ウェブアプリ向き。

  • Perlはテキスト処理向きであり、PHPより古い。Visual Basicは初心者向けでマウスを使用
  • C言語はロボットやソフトウェアを作れ、古参1972年に誕生。
  • C++はオブジェクト指向でアプリケーションに向いている。
  • PHPは汎用されていて初心者が学ぶのに良い。 JavaScript ウェブページを操作できる。

HTMLやCSSというのは言語以前のルールがあり、webページを表現するために使われる。

 

サーバ上にファイルを構築してリスト化された見やすいページや、プルダウン式の料理レシピなど作れると読みましたが、今ネット上にあるサイトを作れるのがプログラミングです。

例えばFacebookはPHPで作られている。

メルカリはPHPやPython、golang、perlで作られている。

youtubeやinstagramはPythonで作られている。

このプログラムスキルを覚えておくと、仕事に困らないと良く見ますが現場でパソコンに向かって行う年齢層が35歳くらいまでと言われています。かといって、年齢によってやるやらないというよりは現状がそうなっているだけで、決して損はないスキルだと私は思います。

 

今からパソコンの処理速度がさらに向上するはずです。5Gにより期待される新サービスの開発や理解にも役立つでしょう。分析し理解し構築するといった、能力開発にも役立つし個人としての社会での競争能力にも他との差別化を図れて決して損にはならないと思います。

 

学び紹介する一連のなかで意識を前へ前へと進める環境の中で刺激を受けながら、現状での職場で結果を出すGIVEの精神も養われ、無駄になってはいかないスキルとなると信じています。

 

 

広告

-お金ファッション, 夏休みプログラミング

Copyright© むーぶ解説新書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.