心の保健室

何をしてもだめ?   大人テスト(仮)で解決!

学生の頃は1年を4期に分けて、テストをして良し悪しに応じて補習をして点数により大学進学に対し、今この位置にいるなどが分かったり、学力の程度が分かったものだ。

大人になり、社会人として企業に就職した後は、任された業務に携わり給料を頂く。ベースアップしたり、出世や転勤、転職、失業、起業、開業、会社により年収が変わってくる。

大抵は保証されるものではあるが、景気などにより左右され、思った通り、理想通りの生活を送れる人は少ないと思う。散財よりは節約する生活のほうが幸福感は得やすいと思うが、自身の生活をステップアップしていく手段が明確ではないと、私は感じている。

もしも、大人テストなるものがあったらと想像してみた。

       魁、大人テスト

原則、アウトプット制を取る、一年4期制、100点

  1. 資格取得一つにつき           10点
  2. 流行時事を入れたブログ10記事につき   2点
  3. 本一冊読了感想につき           5点
  4. インスタツイート投稿10個につき     1点
  5. 会社へ業務改善提案1個につき       2点
  6. 投資株式1回につき            2点
  7. 分からないリスト1つ解消につき      2点
  8. 創作品1点メルカリ1つ販売につき     5点
  9. 職場や自身目標のノルマ達成につき    10点
  10. 他人に誇れる整理整頓の方法1つにつき   2点

以上の項目を自分なりにテスト用紙に落とし込み、年に4回実施してみると、今の現状に満足していないがどうしていいのか分からない。その様な自身を取り巻く環境を明確に打開していく行動を起こせる、ルールを確立できると思う。

例えば、

6月30日   第一期テスト

9月30日   第二期テスト

12月15日  第三期テスト

3月31日   第四期テスト

誰かに評価されるためにする訳ではない。

一山当てたい。着実に所得アップしたい。自分を客観視し評価したい。

不安な要素であふれている社会のなかで、出来るだけストレスフリーでいたいと思うけど、何から手を付けていいのか分からない。

自身を向上させる目安として、「大人テスト」 建設的な気付きがあれば良いと思う。 あってもいいのではないか。テストは嫌だけど、現実から抜け出したいと思うすべての労働者が挑戦できる、自己研鑽のきっかけとして

いいんじゃ、ないかな~と思う。

どんなに優れた方法が世の中に無限にあり、かつ無償で使用できたとしても、継続してやり続ける事が出来なければ、自身の成長は難しい。

そして最初からやることができたなら、もう、すでに優れた人間になっている!というのが私の思うところです。何が足りないのかな、やる気かな。おそらくそうかもしれません。

では、ステップアップして、充実した生活を送れる社会人になるにはどうすればいいのか。

テレビやゲーム、スポーツや飲み会、ドライブにショッピングなどは頑張らなくてもできます。それは心から望んでいるから。

自分のステップアップもそれくらい魅力的で、楽しく、やみつきならいいんです。自分のステップアップが目に見える方法。それは

夢中になれるかどうか。

結果が数字になり目に見えればいいと思います。そして本当に好きかどうか。自分の心を掘り下げて掘り下げて、誰かに言われたことではなく、自分の心の奥底から望む理想の姿を思い浮かべて実現化していく過程が、たまらなく面白いと気づくことが大切です。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村

広告

-心の保健室
-

Copyright© むーぶ解説新書 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.