むちの採集

もやっとした毎日を変える魔法の言葉。自己実現

自分の思考の矛先が、何かいい、しばらくは定着する自分を明確に設定できる目標イメージないかなぁと考えてみた。人間はなにか自分を特定できる形を求めるものだと思う。たとえば、今はつらい下積み時代なんだ。とか、私の座右の銘は七転び八起で、挑戦を止めないで失敗から学び挫折から立ち上がる人だとか。

というのは、情報や格言、お金になるおいしい話、芸能人のスキャンダル、会社の人間関係、震撼する世界のニュース、仕事のノルマや今日の夕飯、家の片づけ、買い物などれもみな、大切な事だけど、目まぐるしく回る日常の変化に頭も疲れて、面倒だなとか思ったりもする。

ではどこに心を落ち着けていいのかと考えると言ってしまえば目標だったり、熱中していればそれらが楽に感じるのだ。その理想の形を一つにまとまるちょうど良い言葉。

         自己実現。

私は高学歴の人を見ると、羨望の眼差しで見てしまう。

学があるのはないよりもあった方がいいし、徳のある人、優しくて頼りがいのある人にはなりたい。力強く誰も気づかない事に気配り目配りできる人は尊敬する。

余裕のある人は同じことをやっていても、安心感があるし男女にもてる。そのために何かできる事はと考えるが

…思いつかない…

目移りは激しい方だし、ミーハーである私は、落ち着きがない。

目の前にあるすべきことを着々とこなし、近視眼にならず、遠く掲げた自分の目標に進む。どんな時でも自己実現をするという魔法の言葉みたいなものは

自分自身がなりたいものを連想させるとともに、行動し、達成させるという意識と行動が一つとなって、今という瞬間に着目させてくれる。

今日は「初めてのブログ教科書」を読み、その感想、紹介、解説をしたい。

まず登録しておきたいのが、グーグルアドセンス、google search console ブログの相互リンク、はてなブックマーク。グーグルの検索にヒットできる様に準備しておく事が目的なのだが、正解はこれ!というものが明確になっていないが、この対策がSEO対策という様です。

良い記事を書いていきたいと思っても誰からも見てもらえないと、なかなか続かないものです。

グーグルアップデートというものが不定期であり、それによりgoogle検索の質が向上し、より情報の品質が良いものが検索にひっかかる様になってくる様です。

決して小手先の技術だけではブログを見てくれる人の数は上がらない様になっているみたいです。

あらゆるネット情報や本で言われているのが、品質の良いブログを書き続ける事がおすすめされており、数年前によく言われていた、SEO代行業者にお金を払って検索順位を上げるのは、もう意味がなく多少上がるのかもしれないが、ネットの向こう側には読む人間がいて、本当に良いものを継続的に更新していくのが近道のようです。

しかし、グーグルがどんなブログなのかを見て回ってるのにヒットする様に、抑えて置くことはあって、そのルールを学んでおきたい。

タグ、パーマネントの英語化、SEOキーワード、SNSからの外部リンク、著作権を侵さない、独自性のある専門的知識の記事の書き方、など勉強していきたいと思う。

私が尊敬するブロガーの人にMANABLOG のマナブさんがおりますが、彼はまず200記事書いてみて少し結果が出ると言われています。

ただ書くだけではなく試行錯誤して、より質の高いものを継続して挑戦して行きたいと思います。

地に足をつけ(現実を踏みしめる) 頭は雲を突き抜け(理想たかく) 進みたい。

にほんブログ村 ブログブログへ


にほんブログ村

広告

-むちの採集

Copyright© むーぶ解説新書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.