心の保健室

ストレスフリーは最強!健康になりたいなら楽しく継続

実はストレス発散にはルールがあり、好きな事なら何をやっても良いというわけではない。効果的なのが

  • 本を読む。30分散歩をする。深呼吸、瞑想をする。部屋の整理整頓をする。親しい人と話す。寝る、休む。リラックスする。エクササイズ。

反対に逆効果なのが

  • ゲームをする。新しい事を始める。感情の振れ幅が大きい状態に居続ける。酒、タバコ、ギャンブルはかえってストレスでマイナス効果。

なぜ効果の有無があるのかというと、好きだと思っていても行為自体に心に少なからず負荷を与えたり、体の回復能力を妨げる事でストレスを減らせず、原因を解消しないまま、蓄積してしまうサイクルになるからです。

しかし、自分に合ったストレス解消をなかなか実践できないものです。結局今までと同じ生活サイクルを続けてしまいがち。

実践と継続、学習の連続の中で掴み取った気づきが、生活に定着する事でストレスの根本的解決に繋がります。

具体的には

ヨガ(これが一番効率がよいらしい)

読書(知識も増え活字を読む事で心を落ち着かせる)

散歩(朝の太陽を浴び30分の有酸素運動が体にも良い)

映画、旅行(体験し気分を一新できる)

睡眠(一日7時間程の良質の睡眠、昼の30分未満の仮眠も効果大)

ストレスをためない生活をするのが一番だが、それが難しい現代。極力相手に期待しない。できない自分を許容する。変化を恐れないなどがおすすめだが、出来るだけ柔軟な生き方ができる余裕のある人に明日は成長していたい。


広告

-心の保健室

Copyright© むーぶ解説新書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.