心の保健室

自分を変える工夫でストレスをためない。うつ予防しよう。

なんでも頑張ってしまう君へ

適当やいい加減という事が嫌いで、出来る限り全力を尽くす。そうあるべきと考え、少し休むとか、息抜きをするのが苦手。

誰かに相談するよりも相談される事を望んで、真面目に頑張っていれば、いつか必ず報われると信じている。

他人にどれだけ馬鹿にされても、相手に対して誠実に接する事を心がけて、自分が助けられる事があれば、手を差し伸べてあげようと思っている。

我慢出来ることはして、それでその場が治まるのならよしとする。自己犠牲や忍耐は必要な能力と考え、いつしか自分の理想は胸の奥にしまい込んで何が好きかも分からなくなっている。

理想が高く夢を捨てられない。現実と理想の差が激しくても頑張って変えようとする。自分自身に負荷をかけ、それでも努力しようとする。何も捨てられずやらなければならない事で、自分自身をがんじからめにする。

心もダメージをうける。少し休ませてあげないと、長期にわたり休養を必要とする結果になる。

何かをしてなくてはならないと、予定を埋める。休み方がわからず、息が詰まるのに、それが当たり前と思い込んでいる。

理不尽な事や無理難題、理解のできない事、悪口や冷遇、裏切りや陰口、すべて乗り越えなくてはならない、自分自身の事として真正面から考える。

お金や病気、対人関係や家族の無理解などをそのまま長期で悩み苦しみ、心にダメージが蓄積していく。

うつを治すために、休養をとる事が第一だが、それがなかなか、難しい。何かをしなくてはと考えたり、じっとしているとダメなんじゃないかと、考えてしまうからだ。

うつになって、10年で治すためにしてきた事などを記しておきたい。

心を軽くする私のコツ

休むをする。

考えないをする。

何もしないをする。

いい加減は良い加減。

何もしないポーズをイメージする。

自分にあまり期待をしない。

人に勝手に自分の期待を押し付けない。

するべき、やらなきゃならないをなくす。

^横になりやすむ。

死にたいと思うのは病気の症状

薬だけで治そうとしないで考え方を変える。

今、精一杯頑張ってると褒める。

朝可能なら太陽の光を浴びる。

人を変えようとしないで、自分を変える。

想いのこもった人と接するのは体力がいる。

形のある物はいつかなくなる。

本当に大切な物、家族、恋人を大切にする。

負荷は成長し、ゆとりは心身の休養になる。

体が資本、治すをしてる。

近視眼にならず長期的に物事をみる。

希望だけは捨てない事がすでに勝っている。

誰にでも優しくは無駄、大切な人だけに優しくする。

舐められてもいいはただ損をするだけ。

邪魔なプライドは捨てる。

面倒くさいところに大切な事が隠れている。

疲れたら休むことに誰かの許可はいらない。

正しい師匠を自分の心に決めて、行動第一で自ら変化し目標を達成する努力を継続し、仲間を増やしていく事で自己変革を可能にする。

広告

-心の保健室
-

Copyright© むーぶ解説新書 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.