心の保健室

アプリの新時代!5Gで更に進化するネット業界。

Webエンジニア、プログラマになるためには私達が普段使わないコンピューター言語を覚えないといけません。書店に行くと目につくのはC.C+、html、CSS、RUBY、python、100以上もあり、一つ一つ手にとって見ると、もう暗号文です。

Samurai Blogを拝見すると、とてもわかりやすいので参考になります。以上!で私が話す事は何もなくなるのが本当の所です。

当時、私が知った驚きのサイトがyoutube、Wikipedia、ニコニコ動画、mixiで今のサイトの多様化、情報量の多さに驚く。

なぜ、今30後半の私がプログラマーになりたいのか。危険な橋への興味か、知らない世界への憧れか、一発咲かせたい宝くじ的思考なのか。

5Gが開始され始め、新しいネットワークシステム、新タイプの家電、価値観や趣味の多様化、広告媒体の進化、働き方改革、AI化、未来への期待以上に危機感を大きく感じている。

消化しきれない量の高度な現実社会を目前に、最低限知っておく必要のある知識のラインが予測できない事。人類のトップの〇%と人類の底辺となってしまう〇%の差が現実味を感じる事ができず広がり続け止まれない状態ではないかという事。

整理し、スキルアップしていくのに活用するであろう有用なサイトとアプリをのせておきたい。本だけでは学ぶスピード感が足りないしIT化の競争の社会で差別化し自分の影響力を上げるのが必要と思います。

アプリ

  • Instagram、pocket、bear(アプリメモとしてすぐ書くため)
  • twwitter

ウェブサイト

10年前はなかったと思うアプリとサイト。もしあったのならサーチ力不足と新しい知識への挑戦不足です。これから10年後はどうなっているのだろうか。

AI化で就業場所が減り競争も増える

働き方改革の結果にくる収入減の社会。

5Gと暗号通貨、新価値観で社会の二極化

サイトのおすすめを沢山乗せようとするほど、2009年と段違いに増えていて、深化多様化、波に逆らってスローライフっていう生き方もあるが、知らないというのは恐いものである。

多様な能力と影響力を身につけるために

最初取り組むプログラミング言語はrubyかなと、思うがやりたい事がWeb系かアプリ系などで選ぶ基準があるようです。Python、GO、PHP、CSS、SWIFT伸びしろなど考慮し、Webサイトをつくるなら、Pythonかなと思うわけですが、費用対効果を考えると手を出しにくい。

どれが正解はない、効率的で時流にあっている。将来のライフサイクルにあっていたり、仕事をするジャンルで使用する言語はある。ならば、

WEB系、アプリ系のどちらか。ニーズ、将来性、人材不足かどうか。目的を達成することが可能な言語を選びたい。

Ruby、PHPの二択になるのだろうか。より詳しく知っていきたい。

おすすめのサイトを検証してから自分の描く将来を取捨選択していきたい。

にほんブログ村 ブログブログへ


にほんブログ村

広告

-心の保健室

Copyright© むーぶ解説新書 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.